勉強につまずく人のための英語学習ブログ

TOEICを3カ月で400点から900点にあげ、外資系企業に入ることができた筆者の体験を元にした英語学習ブログです。

英語発音が劇的に良くなり、素早く文章が読めるようになるトレーニング法

英語の発音がネックとなってスピーキングトレーニングを、躊躇しまうことが誰しもあったのではないでしょうか。一例ですが、「RとL」の発音の違いを理解するのは日本人には非常に難しいことです。その他にも"th"や"cha"といったいろいろ耳になれない音がたくさんあります。

英語の勉強はまず発音からはじめよ

私自身も英語の発音がかなり苦手で外国人に何度指摘されても発音できない状況が続きました。今も発音はそこそこですが、非帰国子女の同期に私のトレーニング方法を実践したら彼も発音がよくなったので紹介します。1カ月程度かかるので、短時間で魔法のようにかわることではないことだけ前置きしておきます。

スポンサーリンク

 

 

トレーニングの前に:英語の発音が日本語と根本的に違うことを理解しよう!

英語を日本語的な発音で覚えるのも結構ですが、それでは流暢な英語からは遠のくばかりです。どう違うかは後述のトレーニング過程で紹介しますが、英語は英語的な感覚で覚えないといけないよ!と頭に理解しておいでください。

 

トレーニング基礎編

アメリカ人はどうして発音がきれいなのでしょうか?母国語だから当然。というのがありますが、アメリカでは5~6歳時に「フォニックス」という発音ルールを教えられます。

具体的には、母音と子音の違いや短母音、長母音の違いといったことを理解します。下記の本が抜群におススメで私の友人合計で20人以上は購入してほぼ全員満足していました。「RとLの発声方法」や「dやvの音の出し方、使い方」といったフォニックスすべてのルールをマスターできます。詳しい話をここでするとネタバレしてしまうので本を読んで学習してください。

2冊とも繰り返し何度もCDを聞きながら発音することをおススメします。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 

CDB実践フォニックス<会話>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDB実践フォニックス<会話>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 生涯読んだ英語の本の中で最高の2冊といっていいほど、自分を変えてくれました。フォニックスを学んだ後は、単語の発音の仕方がわかるようになり、スピーキング、リスニングともに能力が向上したことを点数以上に実感しました。

いまだに、日本の英語教育でなぜこれを教えないのか疑問に思っています。最も大事なルールを知っていれば、英語アレルギーも改善されると思っております。

 大体1日15分~30分程度一日2~3章ずつ進むペースで私は進めていたのでそれほど時間をかけなくてもいいと思います。

トレーニング実践編

発音の基礎を身に着けたら後は、ひたすら練習です。

ネイティブの英語がかっこよく見えるのが、ルールにのっとって母音を消して発音しているので、発音が流れるように、耳に心地よく聞こえています。

 練習する上で、英語耳という本を参考にするとよいです。文章を読むときに難しいのが

「as I told you」であれば、「as I toldou(トーヂュー)」といったように「単語の終わりの子音」+「単語のはじまりの母音」のパタ―ンだと、母音が消えて発音されるときがあります。こういったことにもルールがあるため、とにかく文章を読んで慣れてください。フォニックスと英語耳でそれなりに2週間練習を積めば形になります。

 

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

 

トレーニング後

2週間練習したのちは、とにかくゆっくりでもいいので、短い文章を何度も読んでください。これは海外の語学学校で私も練習させられたので、日本だとどこでできるかはわからないのですが、私は1時間に4行程度の英語をずっと繰り返し読まされたら身に付きました。日本でも学べるところがあれば探してみます。2週間程度文章を読む練習をすると長文でも読めるようになります。

次のステップに進みたい方は、TED talksの長文の原稿を見ながら、10分くらい英語を練習の通りに話してみてください。毎日10分程度読むと日常会話で原稿をみていないときでも話せるようになります。

別の機会に話しますが、シャドーウィングで実践できるようになったらマスターです。リスニングをしていると、どこか省略されているかが分からないのでマスターレベルにまでなるトレーニングは私も実践中です。

流暢な英語を話せるようになろう

流暢な英語が話せるようになると、英語を読むスピードや脳で処理するスピードが格段にあがります。発音と文章を改善するだけで本当に違った世界が見えてきます。ぜひ練習の成果を教えてください。

 

 

リスニング編も書いてみました。

www.niantic.jp