読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強につまずく人のための英語学習ブログ

TOEICを3カ月で400点から900点にあげ、外資系企業に入ることができた筆者の体験を元にした英語学習ブログです。

PPAP(ピコ太郎)の発音の間違いを指摘してみる-「難しい単語が1つだけ存在する」

世界的に大ヒットしているピコ太郎さんですが、とても面白いですよね。元々、小坂大魔王のことをマネーの虎という昔やっていた番組で知ってからたまにウォッチしていました。

 

マネーの虎を見た時の野心的な表情が今でも忘れられません。PPAPも賛否両論ありますが、私は大好きなのでよく見ています。

f:id:niantic:20161210162835p:plain

 

ピコ太郎の発音に文句をつけてみる

さて、このブログは英語ブログなので英語の観点からPPAPを見た考察をします。

世界中にこれだけ、広がると気になるのがピコ太郎さんの英語の発音がどうなのか?ということですね。

 実は、外国人から見てもピコ太郎さんの発音のおかしさを指摘する人はほぼいません。

"PPAP"の"pen pineapple apple pen"を発音することはアメリカ人にとっても難しいようで、苦労している人が周りにもいました。日本でいう早口言葉に近いものがあるのでしょうか。

 しかし、一点だけ発音が難しい単語が混ざっており、Youtubeに上がっている動画では発音に苦労しているとみられる単語がありました。

それは何だと思いますか?

 

実はこれです。

 

「pen」

 

一見簡単に見えそうな単語なのですが、"pen"は発音がとても難しいのです。詳しく解説するために、まず発音記号を取り出します。

"pén"

 発音記号を見て"pen"を正しく発音する

まず一つ目の"p"から入ります。このpは「無声両唇破裂音」と呼ばれ、唇と唇を合わせた状態から、肺から思いっきり息を吐いて発音をします。

このとき、声帯が震えない=つまり声をださずに音をだすのが正しい発音の仕方です。pの発音は練習したら短時間で変化しますのでやってみてください。カタカナで書くのは好きではないのですが、「パッ」と声帯を使わず唇の振動だけで、

発音することができれば合格です。なんとなく破裂している音になりましたでしょうか。フォニックスでも最初の方で学ぶ発音なのでぜひチャレンジしてみてください。

 

さてこれで"p"が発音できるようになりました。

 

次は"e"ですね。

また質問ですが、"pen"と"pin"の発音の違いが分かりますでしょうか?

この発音の違いを聞き取れたら上級者だと自信をもっていいくらい聞き取るのが難しい単語です。

発音記号だけ比べると"pén","pín"と明確に違いがありそうです。

ではこの動画をご覧ください。

www.youtube.com

 

違いが分かりましたか?一見、日本語で見ると大きく違いそうなのになぜここまで発音が似ているのでしょうか。

それは[e]と[i]の発生方法が近いからです。

 

日本語で、「あ、い、う、え、お」と言ってみてください。(ぜひ理解するためにやっていただきたいです)

「い」は口を閉じた状態から横に広げて発声

「え」は口を丸く開いて発声

するのでビジュアル的にも音的にも違うように聞こえます。

 

[e]と[i]ではどうでしょう。

[e]は、私が前教えてもらってわかりやすかったのは、何かに驚いて「えッ!まじで!」というときの「え」の音と近くなります。

そして、[i]なのですが、[e]と同じ口のまま、「い」と発音します。口の形が同じで発生する言葉が違うだけなので近い音に聞こえます。

これで、[e]の発音が分かりましたか。[e],[i]の違いにも注意しつつ「え」と発音してみてください。

 "n"の発音はとても難しい

そして、最後のpenの"n"です。実はピコ太郎さんはほとんどの発音が良かったのですが、"n"の発音だけ唯一少し惜しいなと感じました。

もちろん通じるレベルの発音で、十分できているので完璧を目指す場合の指摘だと思ってください。

"n"の発音は私自身もかなり苦労していまだに自信がない発音記号です。

 

まず、[m],[n]の違いを理解して、発声できるようになるのが難易度が高めです。

[m]は、口を閉じた状態で「ン」と発声します。

[n]が難しくて、下を上あごに着けた状態で、鼻に息を送り込む感覚で、「ン」と発声します。

私が他人に指導するときに、わかりやすい例としてあげるのは、

う〇こするときにふんばるときの「ン」が[m]で、

マッサージを受けているときや、性的な興奮?のときの「ン」が[n]になります。[n]のときは、「ァン」といったほうがわかりやすいかもしれません。

(食事中の方失礼いたしました)

* [n]の発音練習をするときは周りに人がいないときをおススメいたします。

 発音の復習をする

もう一度、小坂大魔王...じゃなくてピコ太郎さんのPPAPを見てみましょう。25秒からの途中再生にしています。

youtu.be

 

これを見ると、"pen"の発音のあと、口が横に広がっており、閉じた音になっています。[n]の発音のときはもう少し口が縦に開くのが正しい発音になります。(ただ縦に口を大きく開けたらいいわけではないですが、ピコ太郎さんの場合そうした方がより発音は良くなると思います)

 

ただ、動画アップロードされて、2カ月後の動画を見ると"pen"の発音が良くなっています。外国特派員協会だからなのかは知りませんが、動画アップロード後にも発音を直してよりクオリティを高めた可能性はあります。

 

youtu.be

  さて以上をもって、再度penを発音してみましょう。

こちらを聞きながら発音してみるとよいでしょう。

www.youtube.com

最後の仕上げのポイントを言うと、「ペンン~」と、鼻に空気を送り込んだときに、もうひと押しの「ン」をいれるとよりかっこいい"pen"の発音ができます。

 発音の勉強は奥が深いから分解して考えよう

これでpenの発音ができるようになったので、PPAPを正しく発音できるのではないでしょうか。たった、単語1つでも注目すべき点が多くあり注意しないと正しい発音ができるようにはならないわけです。

フォニックスを参考にぜひ勉強してみましょう。

 下記がめちゃくちゃおすすめの本です。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 フォニックスについて書いた記事です。これで発音を覚えましょう。

新記事かきました。

www.niantic.jp